引越しのその日にすることは2つあります。まずは、出て

引越しのその日にすることは2つあります。
まずは、出ていく部屋では荷物を運搬後に管理会社の立会いのもとで部屋の状況を確かめることです。ここで大きな汚れや傷を確かめますが、このチェックが敷金での保証や別途クリーニング費用の請求に反映されます。
新居ではガスの元栓を開けることが不可欠です。
これは業者の立ち合いが不可欠なのです。
あらかじめ引越し業者の指示があると思いますが、引越しの前日には、引越し時に持っていく冷蔵庫の電源は抜いておくべきでしょう。
何でその必要があるかというと、冷凍庫に付いた霜を溶かして、そうして溜まった水をあらかじめ取り除くことが可能になるためです。
前もってこうしておうことで、引っ越し作業の際に、他の荷物や床などをぬらしてしまうことを防ぐというメリットがあります。引越しが終わると必ずくるのが、新聞屋さんとNKKです。みっちりと引越しを見ていたかのように迅速な対応ですよね。
最近は、ネットが当たり前なので昔に比べると断りやすいです。
情報はネットで見ることができますので、テレビがなかったとしても全く違和感はありません。
だから、NHKの受信料は払う必要はありません。
この前の引越しでは、思いきって中古のテレビを捨て、新型の大画面テレビを手に入れました。新居のリビングは広くとったので、臨場感があり鮮明な画面で、テレビが楽しめればいいと思ったからです。
新しいテレビを置くだけで、相当リビングの印象が変化し、華やかな空間になって大満足です。引越しをプロに依頼する場合、布団の場合は、どう準備したらいいのかな?と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、それはもっと早くに確認することが大切です。大体の場合、引越し会社は引越し当日、オリジナル布団袋を用意してくれ、これに入れて汚れがつかないように引越し先まで持って行ってくれます。引っ越しの時の手続きの中に、転出届を届け出ることがあります。ただ、その申請が必要なのは現住所と新住所が違う市長村の場合となります。同じ市町村の場合には、転居届の手続きが必要です。
手続きを実施するタイミングは、引っ越しの2週間前や引っ越し先が決定したらすぐなど、市町村によっても異なりますので、早めに確認することをおすすめします。姉が現在のアパートから実家である我が家に引っ越してくることになりました。それを手伝うため、私と母が、荷物を運ぶ前の日に引越のための作業の手伝いに行きました。10年も住んでた部屋にみあうだけ、不用な物のがびっくりするような事になっていました。いらないものを売ってしまうと、軽トラの荷台にまだ倍は積めるほどになり、想像より楽に引越が終わりました。
引っ越すにあたって、借家だった場合は原状回復の義務というものが発生してきます。
原状回復義務というのは、家を借りていた時につけてしまった傷や壊してしまったものを住む前の状態に戻すためにかかる費用を支払う義務のことで、通常はその分を敷金から引かれて、残った分の敷金が返ってくるといった形になります。
引越しのガスの解約は、転居する日よりも前から約束できるので、忘れないよう前もってインターネット等から受付をしておく方が正解です。ただ、転居当日い立ち会いを必要とすることがあるので、時間の選び方にチェックするようにしてください。引越しを業者さんに頼む場合ハンガーに下がっているコートなどの衣服を前もって外して畳んだりしておくことは要りません。
業者がハンガーが吊るせる大きめの段ボールを持ってきてくださって、それに入れてそのまま、トラックで移送してくれます。折り目もつかないので、いいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です